ピーリングの種類やニキビのついて!

投稿日:

ピーリングの種類やニキビについて

ここでは、ピーリングの種類や大人ニキビについて詳しく書いています!

ケミカルピーリング

酸などの化学物質を塗って皮膚の表面をはがし、細胞の自然治癒力で皮膚を元に戻します。ニキビやニキビ跡の治療だけでなく、シミやシワや角質の改善にも利用されているんですよ。

ケミカルピーリングをすると、赤ちゃんのように皮膚のきめが細かくなり、はり・潤いなどがアップすると言われ、俗に「ベビースキンになる」とも言われているんです。

AHAピーリング

AHAピーリングは、グリコール酸・乳酸・リンゴ酸などのフルーツ酸を使った安全性の高いピーリング。国内で多く取り入れられている方法で、だいたい5~10回ぐらいの治療でニキビが改善されるんですよ。

ダウンタイム(治療後の安静期間)がほとんど無いため、治療翌日の化粧もOK。表皮が再生するまでの1週間は、紫外線を避けて保湿することが大切です。

サリチル酸ピーリング

AHAピーリングよりも安全性が高くてダウンタイムも短いのが特徴です。サリチル酸が持つ鎮痛作用のおかげで不快感が少ないんです。治療回数は、1~2か月おきに行います。

TCAピーリング

トリクロル酢酸を使ったTCAピーリングは、ニキビ跡やシミ・くすみの改善に向いています。

皮膚を壊死させるトリクロル酢酸を使うため深いピーリングができるので、深いニキビ跡の改善にも役立つんですよ。ピーリング後、数日で皮膚が腫れて変色し、10日ほどで新しい皮膚が再生します。

ただし、繊細な皮膚を持つ東洋人に向かず、色素沈着の副作用が起こる可能性があるのが欠点です。しかし、適切に治療すれば皮膚が改善されるピーリングです。

クリスタルピーリング

一般的に、ピーリングは酸を使いますがクリスタルピーリングは酸の代わりにアルミニウム粉を使います。

ダウンタイムがほとんど無く、治療後の効果がすぐに体感できるのが大きなメリットです。もちろん、にきびやニキビ跡の改善にも効果があるとされています。

クリスタルピーリングの原理を使ってダイヤモンド粒子がついた金属棒で皮膚を削るダイヤモンドピーリングという方法もあります。

背中ニキビにはジッテプラスがおすすめです☆

ジッテプラス(Jitte+)の口コミや効果を全暴露!肌質で選びましょう!

ニキビ薬で大人にきびをケア

ニキビ薬は、言わずと知れたニキビの患部に塗る薬ですね。

ニキビ治療にはニキビ薬と考えがちですが、ニキビを治しても原因を根本から治さないと、またニキビができてしまいますよ。

ニキビ薬で治しながら、体の中からニキビができにくくなる体づくりをするのがいいでしょう。つまり、ニキビ薬の利用と生活習慣の改善を同時にやることが大事です。

ニキビ薬の種類

外用薬(塗り薬)

ニキビ薬として一般的な形で、ドラッグストアで売っている外用薬や、医師が処方する薬を塗る方法です。塗り薬には、脱脂剤・角質剥離剤(イオウ剤)・抗炎症剤などが含まれていて、中には抗生物質を含むものもあります。

ただし、塗り過ぎは禁物。健全な肌にイオウ剤が付くと機能が低下するので、ニキビの部分だけピンポイントで。抗生物質は副作用が心配ですが、外用薬に含まれる抗生物質は副作用が少ないとされています。

内服薬(飲み薬)

皮膚の機能を正常に保つために必要なビタミンである、ビタミンA・B2・B6・Cなどを飲んで症状を改善します。また、アクネ菌の活動を抑えて炎症を鎮める抗生物質もあります。

外用薬・内服薬の両方に当てはまりますが、強い抗生剤はカルシウムの吸収を抑えるので、成長期の子供には使わない方がいいとされています。

日本人の肌に合ったニキビ薬

人種に肌の質が違うんですよ。日本人など、東洋系の人種の肌は繊細な作りなので、西洋のニキビ薬は強すぎて逆に肌が荒れてしまうこともあるんです。

ニキビ薬を使うなら、日本人向けに開発されたものや、海外のものでも日本人が効果を体感したものを選んでくださいね。

それと、薬だけに頼らないで、にきびケア用品での洗顔や保湿もとっても大切。肌の不潔や荒れがニキビの大きな原因にもなります。

ニキビ跡って治る?

ニキビ跡には、潰れたニキビが皮膚再生の過程でキレイに戻らずデコボコしてしまった「クレーター」と、ニキビの赤色が肌に残る「色素沈着」があります。

ニキビ跡は、同じ場所に何度もニキビができたり、深いニキビができたりすることが原因で作られます。ニキビを傷つけると、治るまで時間がかかり、最終的に跡が残ることもあります。

ニキビができたら、刺激しないでそっとしながらケアしていくのが一番ですよ。

クレーター

ニキビの跡がボコボコになるクレーターは、まるで、月面のようにボコボコしているので「クレーター」と呼ばれています。

中には、アイスピックでえぐったような「アイスピックスカー」と呼ばれる深い傷が残ることも。

アイスピックスカーは、元に戻すのがとても大変です。

治療法としては、ピーリングやコラーゲンによる治療があります。

色素沈着

深くて赤にきびができると、肌の赤色が消えずに残ることがあり、ニキビによっては黒っぽく残ることがあります。これが色素沈着です。

色素沈着が残っても、自然と薄くなったり赤みが消えたりすることはありますが、元に戻らない色素沈着もあります。

ニキビ跡の治療は難しい

美容医療でも、ニキビ跡を完全に治すのは難しいので、ニキビを作らないことはもちろん大事ですが、ニキビができてもむやみやたらと刺激しないで、肌のお手入れをしながらそっとしておくのがいいでしょう。

皮膚の表皮は再生能力が高いのでニキビ跡ができても元に戻ることもありますが、真皮は再生能力が低いので、真皮まで達した深いニキビ跡は治すのが難しいとされています。

炎症した大人にきびのケアの注意点

ニキビの炎症の原因は活性酸素。ニキビが炎症しても、活性酸素を取り除くことで炎症の拡大を抑えることができるでしょう。

もし炎症してしまったら、これ以上炎症を広げないことと、ニキビが潰れないようにすることを心がけます。

活性酸素を除去

ニキビの炎症の原因は、活性酸素にあります。活性酸素は強力な殺菌作用を持っていますが、必要以上に増えると体の正常な細胞まで傷つけてしまいます。

ニキビが今よりも大きくならないようにするためにも、活性酸素を除去して肌への刺激を抑えることが大事。そこで、ビタミンCとビタミンEを摂取してみましょう。

ビタミンCには、活性酸素を除去する働きがあるので、普段の生活で必ず発生する活性酸素から肌を守ってくれます。ビタミンEには血行促進作用があるので、身体のすみずみまで酸素や栄養素を行き渡らせ、身体全体の代謝を促進する効果もあります。

気をつけたいビタミンC誘導体

炎症したニキビ周りの活性酸素を除去するために、水溶性ビタミンC誘導体を使ったケアもありますが、炎症がひどくなってきたときは要注意です。

ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌を抑えたり角栓を取り除くなどニキビの発生や炎症を抑える役割を持っていますが、活性酸素の除去と一緒に炎症ニキビに刺激を与えることもあります。刺激を受けた炎症ニキビが潰れたりしたら、最悪ですよね。

炎症が軽いなら、炎症ニキビへの刺激は大きな問題にならず、活性酸素を取り除いて炎症をおこしにくい肌を保つこともできるでしょう。

炎症が深くて広ければ、ビタミンC誘導体を用いて活性酸素を除去するよりも、ニキビに刺激を与える影響の方が大きいと考えられるので、水溶性ビタミンCのケアは控えた方がよさそうです。

炎症を起こした肌は、皮膚のバリア機能などが正常に働かず、トラブルに対して無防備な状態。もしかしたら、今以上にひどくなることだって考えられます。

炎症したニキビのケアを行うときは、皮膚細胞の生成に力を入れることも大事です。

-ニキビに関する記事

Copyright© ベストの美容や健康に関するブログを選別するなら、とりわけ一括比較を推奨します! , 2019 All Rights Reserved.