炎症前の大人ニキビのケアや改善方法!

投稿日:

炎症前の大人ニキビのケアや改善方法!

ニキビのケアは、炎症前のケアと炎症後のケアに分けられますが、大人のニキビのケアに大事なのは「炎症をおこさせない」ための炎症前のケアです。

ニキビが赤く腫れあがったり、潰れて赤くジュクジュクした状態が「炎症」。炎症すると、皮膚は大きなダメージを受けてしまい、真皮細胞が傷つくとニキビ跡や色素沈着の原因になるんです。

ダメージをうけた肌は、元の状態に戻るために皮膚の修復を始めますが、正常な状態に回復まで、約1ヶ月はかかります。しかも、クレーターや色素沈着などが起き、元の状態に戻るとは限りません。

こうならないようにするためには、炎症を起こさないことが一番大事。とにかく、ニキビが小さいうちに治して、肌のダメージを最小限にとどめる努力をしましょう。

炎症前のニキビケアの注意点

ニキビケアで大事なのは、次の2点。にきびをひどくしないように気を付けてくださいね。

洗顔

完成酸素を除去

洗顔は、しっかりと泡だてて軽く優しくなでるように行い、決してニキビを刺激しないでください。

活性酸素を除去する

ニキビの炎症の原因の1つは、活性酸素。

活性酸素は、とても強力な殺菌作用を持っていますが、必要以上に増えると体の正常な細胞まで傷つけてるので、活性酸素が増えるとニキビ周りの正常な肌を攻撃して炎症がひどくなるんです。

だから、ニキビがこれ以上大きくならないようにするためにも、活性酸素を除去して、肌への刺激物を取り除くことが大事。

そこで、ビタミンCビタミンEを摂取することをお勧めします。

ビタミンCには、活性酸素を除去する働きがありますので、普段の生活で発生する活性酸素から肌を守ってくれるでしょう。

ビタミンEは、血行促進作用があり、身体のすみずみまで酸素や栄養素を行き渡らせ、身体全体の代謝を促進する効果もあります。

ニキビの原因となる食べ物はコレ

普段何気なく食べているものにも、大人ニキビの原因があるんです。ニキビ予防で気をつけたい食べ物はコレ!

食品添加物がたくさん入った食べ物

甘いもの

脂っぽいもの

たくさんの炭水化物

食品添加物に注意

食品添加物が、ニキビの原因になるんです!

食べ物を腐りにくくするためなどに使われる食品添加物は、体にとってあまり好ましいものではありません。

食品添加物が体内に入ると、体は解毒のために活性酸素をたくさん作りだして健全な細胞を傷つけたり、皮脂を酸化させて毛穴に詰まらせたりしてニキビの原因に。

活性酸素の働きは、私たちの体の中に進入したウィルスや菌を退治することですが、必要以上に作られると、勢い余って菌やウィルスだけじゃなくわたしたちの細胞まで攻撃してしまうんですね。

生きるために活性酸素は必ず作られるのでゼロにすることはできませんが、多くの活性酸素を作り出さないように、できるだけ無添加食品を口にすることが好ましいんです。

食べ物を一度下茹ですると、食品添加物が流れ出るんですよ!おためしあれ。

甘い食べ物と中性脂肪

体内に摂取された食べ物は、ブドウ糖や脂肪酸など生命維持に必要なエネルギーに作り変えられます。しかし、過剰に作られて余ってしまったブドウ糖や脂肪酸は、いつでもエネルギーとして使えるように中性脂肪に形を変えて、体内に貯められます。

カロリー(=エネルギー)が高い甘いものを取り過ぎて、エネルギーとして消費できなかった糖分は中性脂肪として体内に蓄えられます。

脂っぽいものと中性脂肪

体内に取り込まれた食べ物は、私たちのエネルギー源として使えるように脂肪酸に作りかえられます。

普通なら、日常生活でエネルギーとして消費される脂肪酸も、過剰に摂取されては消費しきれません。エネルギーとして利用されずに余った脂肪酸は、中性脂肪として体内に貯蓄されます。

ちなみには、脂質は1グラム当たり9キロカロリーも!ダイエットの敵でもあるんです。

炭水化物の取り過ぎにも注意

炭水化物は、私たちのエネルギー源として重要な栄養素ですが、勢いあまって食べ過ぎるとアウト!

炭水化物は、体の中でブドウ糖に変換されてエネルギーとして消費されますが、余ったブドウ糖は、皮脂の原因となる中性脂肪になるんです。皮脂が増えると毛穴が詰まってニキビの原因になりますよ。

ニキビ治療は肌(外側)と食事(内側)から

ニキビの原因の多くは、食生活・睡眠・運動・ストレスなど普段の生活の中にあります。中でも、私たちが必ず行うのは「寝る」と「食べる」。

寝て肌を整え、食べて体の中からキレイにするのが大人ニキビの予防のコツ。

もちろん、ニキビケア用品を使えば、治りやすくなりますよ。

背中ニキビにはジッテプラスがおすすめです☆

ジッテプラス(Jitte+)の口コミや効果を全暴露!肌質で選びましょう!

大人ニキビの原因となるストレスと活性酸素

人間の体は、何かしらのストレスを受けると男性ホルモンを分泌するようにできています。

男性ホルモンは、皮脂の分泌を促すので、ニキビの原因になるんですよ。

それに、ストレスによって活性酸素が作られるので、肌がダメージ受けてしまいます。

この、皮脂の過剰な分泌と肌のダメージで、ニキビができるんです。

ストレスの種類を知る

ストレスには、「肉体的ストレス」と「精神的ストレス」の2種類があります。

肉体的ストレスは、体力の消費や体の疲労によって起こるもので、休養や睡眠と同時に解消されます。

ストレスで気をつけたいのが、次の「精神的ストレス」です。

精神的ストレスは、心の中から起こり、問題が無くならないとストレスから解放されません。

肉体的ストレスと違って、休養や睡眠ではストレス解消につながらないことも多く、自分の外の要因(外的要因)によって起こるもののため、ストレス管理が難しい面があります。

精神的ストレスの解消方法

解消が難しい精神的なストレスは、運動で簡単に解消できます。

これは、人間のメカニズムの一つ。脳は運動によって精神的ストレスを肉体的ストレスに置き換える能力を持っています。ですから、運動をすれば精神的ストレスが肉体的ストレスに変換されるんですね。

肉体的ストレスは休養や睡眠によって解消されますので、運動することが精神的なストレスの解消になるんです。よく、仕事で行き詰ったときなど、体を動かして気分転換をしたりしませんか?

つまり、仕事で感じた精神的ストレスを肉体的ストレスに変換しているんです。

運動するなら、有酸素運動がお勧めです。実は、ストレスで発生する男性ホルモンは、尿や汗と一緒に排出することができるんです。

長時間体を動かしてたっぷりと汗をかける有酸素運動なら、男性ホルモンを体外に排出して精神的ストレスを肉体的ストレスに変換したうえにニキビ予防までできる、一石三鳥な方法なんですよ。

サプリメントでストレス解消

セロトニン

心を安定させ、ストレスを軽減してくれるホルモンのセロトニン。セロトニンを含んだサプリメントは「アンチストレスサプリメント」と呼ばれています。

緑茶

緑茶に含まれるクロロゲン酸に抗ストレス効果があります。また、カフェインには抗DTH効果があると言われていますし、緑茶そのものに利尿作用があるので体内のDTHの排出促進に役立ちます。そのほかにも、洗顔やパックに使うと毛穴を引き締めたり殺菌作用を持つなど、ニキビの予防や対策に力を発揮します。

ビタミンC

ビタミンCには、ストレスを和らげたり、活性酸素を取り除く働きがあると言われています。肌にもいいので、ビタミンCを含むにきびケア用品は多くあります。

ビタミンCは肌に届きにくいことがあるので、肌から直接取りこんだ方が効果的といわれていますよ。

-ニキビに関する記事

Copyright© ベストの美容や健康に関するブログを選別するなら、とりわけ一括比較を推奨します! , 2019 All Rights Reserved.