ニキビのときはパウダータイプを選ぶ!

投稿日:

ニキビのときはパウダータイプを選ぶ

 

社会人になると毎日メイクをするようになります。

大人ニキビは20歳以降にできます。

ちょうど時期が重なるため、メイクのせいでニキビができると勘違いしている方も多いようです。

大人ニキビの原因でも掲載しましたが、大人ニキビの原因はストレス、睡眠不足、疲れなどの積み重ねによるホルモンバランスの乱れです。

メイクが根本的な原因ではありません。

とはいえ、メイクの油分は皮脂と同じでアクネ菌の栄養源となります。

油分の多いクリーム系のファンデーションは避けましょう。安価なものも鉱物油を使っていることが多いので避けてください。

毛穴をふさがないパウダータイプを、刺激にならないよう押さえるように肌にのせましょう。

また、意外と忘れがちなのがスポンジの汚れ。

肌に刺激を与えますし、汚れがそのまま顔についてニキビの原因となります。

台所用洗剤でも落とせるので、3日に1度は洗いましょう。

そして、すっぴんで外出することほどお肌に好ましくないものはありません。

紫外線、排気ガス、汚れ、これらもニキビの原因となりますし、これらの刺激から肌を守るためにはファンデーションは必要です。

ニキビ肌におすすめのファンデーション

(1)オンリーミネラルファンデーション

油分を含まないから驚きの軽さ

肌に優しい100%ミネラルファンデーション

超微粒子がでニキビを自然に隠せるカバー力。肌に負担をかけずナチュラルなツヤのある仕上がりに。

全18色 2.5g 各2,625円/ヤーマン

(2)dプログラム メディケイテッド パウダリーファンデーション

肌あれを防ぎ、にきび痕をカバー

きめ細かいふんわりなめらか美肌仕上がり

密着パウダー処方がニキビ部分にしっかりフィット。有効成分が肌荒れを防ぐ薬用パウダリーファンデーション。

全5色 10.5g 各3,150円/資生堂インターナショナル

思春期ニキビのケース

10代の思春期ニキビの場合、大人ニキビとは違って油分などが直接的な原因となるので、ファンデーションはNGです。

ニキビが悪化する原因となります。

どうしても必要な場合、化粧下地などは使わず、保湿した後にパウダー系のファンデーションかお粉、ノンコメドジェニック処方のものにしましょう。

ちょっと高いかもしれませんが、なるべく上に挙げたようなファンデーションを使ってください。

ニキビ肌には乾燥は大敵!充分な保湿が必要です。

ニキビのときは何もつけない」という方は多いようです。

確かに油分はニキビの原因となるアクネ菌の栄養源となりますので避けるべきです。

しかし、ニキビ肌には乾燥は大敵!充分な保湿が必要です。

保湿というのは油分ではなく水分です。

肌が水分不足になると毛穴の角質が硬くなってしまい、むしろ毛穴が詰まってしまいます。

さらに水分を保持しようとして皮脂分泌が過剰になってしまいます。

ニキビ予防・改善のためには充分な保湿を心がけて、水分と油分のバランスを正常に保つようにすることが大切です。

洗顔後すぐに化粧水で水分補給して乾燥を防ぎたいところです。

すぐに化粧水をつけるのが難しい場合、肌水やアベンヌ ウォーターなどでひと吹きしてあげれば、後につける化粧水の保湿効果がアップします。

ニキビで悩んでいるのに水分補給をしていない方はすぐにでも実践してみてください。

洗顔のしすぎはかえって逆効果!?

ニキビができると、「皮脂や汚れがしっかり落ちていないからだ」と思い、いつもより洗顔やクレンジングに力を入れていませんか?中には洗顔の回数を増やす人もいます。

けれども、それは洗い過ぎです。

朝と夜、1日2回正しい洗顔方法で洗うだけで大丈夫です。

洗い過ぎてしまうと肌が乾燥し、お肌が皮脂をどんどん出すようになります。

また、角質も硬くなって毛穴を詰まらせる原因にもなります。

ということは、オイリー肌でニキビのできやすい肌になっていくのです。

正しいニキビケアだと思ってしたことが、むしろニキビを増やす原因となってしまっているのです。

洗い過ぎず、しっかり洗う

ニキビケアでは「落とす」「洗う」、つまりクレンジングと洗顔が重要です。

でも「洗い過ぎ」はダメです。

クレンジングは界面活性剤を含まない肌に優しいものを選びましょう。

オイルクレンジングには界面活性剤がたくさん入っているので、毎日使っていると肌を傷めるおそれがあります。お勧めはIKKOさんも推奨しているノンオイルクレンジングのセラムデューです。

クレンジングの後は洗顔料をたっぷりと泡だてて、その泡で優しく洗ってあげましょう。

 

※ニキビケアでは泡洗顔が基本です。

(1)界面活性剤が含まれていないクレンジングを使う

(2)正しい洗顔方法で朝と夜2回洗う

正しい洗顔方法をチェック

(1)手をキレイに洗う(意外と忘れがち)

(2)Tゾーンから洗い始め、あご、鼻、フェイスラインと泡を転がすように洗う

(3)流水で洗い流す(お湯は35℃ぐらいのぬるま湯)

(4)最後に冷水ですすぐ

(5)キレイなタオルで肌を抑えるように水分を吸収させる

 

洗顔が終わったら、しっかりと保湿しましょう。

ニキビのときは保湿をたっぷりでも説明しましたが、洗顔後すぐに化粧水で水分補給しなければなりません。

大人ニキビができてしまった!どうすればいいの?

大人ニキビを治すには、ホルモンバランスを整えることが重要です。

ホルモンバランスの乱れたままだと、いくらニキビ用コスメを使っても治りません。

スキンケアだけでホルモンバランスを整えるのは難しく、スキンケアにプラスしてホルモンバランスが乱れる原因を改善していく必要があります。

日々のちょっとしたことの積み重ねがホルモンバランスの乱れを引き起こします。

ですから、それを改善していくことで大人ニキビができにくい体質に近づいていくのです。

下の5つの項目について自分自身を振り返ってみてください。

 

(1)睡眠不足を解消する

(2)ストレスを解消する

(3)食生活を改善する

(4)規則正しい生活を心がける

(5)肌質に合った化粧品を使う

 

それぞれの項目について具体的に見ていきましょう。

睡眠不足を解消する

スキンケアへの意識が高い女性なら睡眠の重要さは説明するまでもありませんね。

それは大人ニキビにも同じことが言えます。

シンデレラタイムと呼ばれる最適睡眠時間帯をご存知でしょうか。

成長ホルモンが活発化する22時~2時の時間帯です。

この時間帯は細胞を修復する特別な能力を持つ幹細胞が活発化する時間帯でもあります。

このシンデレラタイムに良質な睡眠をとることでニキビケアだけでなく肌の老化を遅らせたり美肌を作るための環境が整います。

ストレスを解消する

仕事や人間関係、不規則な食生活など現代の女性はストレスが積み重なっています。

ストレスをため込んで自律神経を乱していることで、ホルモンバランスが崩れて大人ニキビの原因に。

ストレスを溜めないということは非常に難しい問題ですが、睡眠時間をたっぷりとったり、バランスの良い食生活を心がけたり、自分がリラックスできることを取り入れるなどして、なるべくストレスを減らすように心掛けましょう。

食生活を改善する

暴飲暴食や外食中心の食生活は問題外ですが、ニキビには食生活の欧米化が原因のひとつと考えられています。

なるべく和食中心の食生活をしてみてください。白米を玄米に変えたり、ミネラルや食物繊維、とりわけ緑黄色野菜をしっかりと摂るようにしましょう。

規則正しい生活を心がける

規則正しい生活といっても何が規則正しいのか難しいところではありますが、上に挙げたように、シンデレラタイムを含めて最低でも6時間以上睡眠時間をとる、ストレスを溜めない、食生活を和食中心に切り替える、これだけでずいぶん大人ニキビは改善されるはずです。

まずはこれを目標に取り入れてみてください。

肌質に合った化粧品を使う

ニキビ専用の化粧品や塗り薬はドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

ですが、大人ニキビには大した効果は期待できません。

これらは肌を乾燥させるので、オイリー肌の人はまだいいですが、乾燥肌の人が使えばさらに肌トラブルを引き起こすだけでニキビは改善されないこともあります。

ジッテプラスであれば潤いを保ったままニキビを効果的にケアすることができるのでおすすめですよ☆

ジッテプラス(Jitte+)の口コミや効果を全暴露!肌質で選びましょう!

ジッテプラス Jitte+ 楽天 Amazon

 

-ニキビに関する記事

Copyright© ベストの美容や健康に関するブログを選別するなら、とりわけ一括比較を推奨します! , 2019 All Rights Reserved.